自治委員と自治会長の役割の違いは?「重要説明」

自治委員と自治会長の役割の違いは?[重要説明]

 

※皆さんからよく聞かれる質問に具体的にお答えします。

自治委員と自治会長の役割の違いは

自治委員とは、その地域の主となる大型店と商店街例えば、大分市中心部でしたら駅側アミュ北側玄関口「府内・中央口」から見ると、左側に雨テラスの付いた末広通りがあり10号線を渡れば大型店OPA始め、竹町通り商店街振興組合・中央町商店街振興組合・若草通り商店街協同組合・西新町商店街等がありその西側商店街側には中央町側からの推挙された非常勤特別職の公務員自治委員さんがいます。
駅側アミュ北側玄関口「府内・中央口」から見ると、右側にトキハ百貨店を始め、府内5番街商店街振興組合・サンサン通り商店街振興組合・ポルトソール商店街振興組合を中心とする
府内の東側商店街側の方から推挙された非常勤特別職の公務員 自治委員さん
がいます。
その人達は(振興組合)又は(協同組合)更にそのエリアに属する一般町内会・通り会から推薦され、市長が委嘱した半官半民の立場の方々なのです。ですから厳しく自制を働かせて半公僕の立場で社会貢献を行なっている人達と言えます(委嘱任命権者は大分市長となります。)
ですから、ある時は半公僕の自治委員とか、ある時は民間の自治会長という立場を使い分けは出来ません。不都合な不条理が生じます。あくまでも半官半民(非常勤特別職の公務員)の立場を取るはずです。
又、当自治町内会は法人団体に従った要項で運営する定款・規程(規則・規約)を持って
自治委員を推薦出来る大分市における任意の民間団体です。

この違いを十分に理解しておいてください。

自治会長自治委員とはどういう役割!?下記参照

自治会長は、住民がよりよい生活を送るためにその地域で暮らす人々で結成された任意の団体(自治会、町内会、区など)の代表者です。
自治委員とは、大分市長が委嘱している非常勤特別職の公務員です。市政と住民とのパイプ役として、市の事務事業へ協力することが求められます。

大分市 市民部市民協働推進課
電話番号:(097)537-5612
ファクス:(097)536-4605