時代の変遷を生きて思うこと 榊原孝真

 時代の変遷を生きて思うこと 榊原 孝真

昭和・平成・令和を生きている私にとって生き様のポリシーが変わらない。

それが今私自身、無性に嬉しいと感じるのは同世代の人たちはどう思うだろうか?

五体満足に生まれた事を感謝し、私を育ててくれた父母そして私の性格を知る周りの人達や非礼をしても許してくれた先輩たち。同世代の親しい友人達にもよく議論した。

理論防衛という言葉もその時知った。毎日が勉強だったと思う。

嫌なことから逃げて何も関わらず

煩わしさにも関わらず

平凡に生活出来たはずだが・・・

何故だろう?と自問自答するとすぐ答えが返って来た。

私を温かく育ててくれた地元大分に貢献する男になりたい。

世の中の役に立つ男になりたい。

私と志しが同じ多くのメンバーを世の中に送り出したい。

そういう目標を明確にしてきたじゃないか。

恥じるような事はしない。

男としての品格を持とうと・・・まだまだ志半ばだが

これだけは有言実行・不言不実行の私自身の心に言っておこう。

歪(ゆが)んだ行動せず歪(いびつ)な妥協もせず真っすぐな心でこの世を全うしたい。 

                  ありがとう感謝