(県認可団体 大分市若草通り商店街協同組合の

定款と規程(規則・規約)は、

このHP最後尾に表示をしていますのでクリックしてお読みください。)

善意のお客様を最優先に!

県認可団体 大分市若草通り商店街協同組合員 一覧表

当協同組合は、「縁起横町。」をシンボルロードとし街内の景観維持と美観形成事業を主とする。
組合員の資格は大分市に事業場を有する建設業・運輸業・通信業・卸売り業・小売り業・飲食業・
金融/保険業・不動産業・サービス業・医療業を行う、
中心部のハード・ソフトの両面の活性化に志
しを同じくする事業者とする

01◆イオンリテール㈱大分フォーラス TEL 536-8111中央町
02◆トキハインダストリー若草公園店 TEL 533-220 中央町
03◆㈱ブンゴヤ薬局 TEL 532-2985 中央町
04◆㈲ブンゴヤエンタープライズ TEL 532-2985 中央町

05◆有限会社 みたか不動産 TEL 538-1756 中央町
06◆もとき商事株式会社 TEL 538-1755 中央町

07◆太陽テック㈱ TEL 551-2525 三川上
08◆松竹梅 TEL 532-1559 末広町
09◆モスバーガー大分駅前中央店 TEL 538-7272 中央町
10◆㈱ベスト電器大分店 TEL 534-1943 中央町
11◆かみ風船中央町店 TEL 536-5858 中央町
12◆㈲幸登襖製作所 TEL 558-5954
13◆㈲てったこ TEL 536-7647 中央町
14◆㈲カメラのミヤカワ TEL 532-6981 中央町
15◆㈱然 TEL 538-1308 中央町
16◆
㈲大津 TEL 534-6970 中央町
17◆メガネのヨネザワ大分中央店 TEL 513-5922 中央町
18◆㈲三和コミュニティー TEL 537-3331 大手町
19◆深川内科クリニック TEL 532-8980 中央町
20◆アド・サイン TEL 541-7755 小野鶴
21◆大分トキハタクシー㈱ TEL 545-1555 古国府
22◆医療法人田村医院 田村皮ふ科クリニック TEL 532-1684 中央町
23◆㈲うめの補聴器センター TEL 540-5408 中央町
24◆㈲ファッションギャラリーMY TEL 537-2081 中央町
25◆㈲ミヤマル 焼とり丸ちゃん本店 TEL 536-2545 都町
26◆いかしょう TEL 537-8118 中央町
27◆メンバーズ彩 TEL 534-4000 都町
28◆合同会社ハートブリッジ TEL 500-2839 高城新町
29◆お好み焼きピーターハウス TEL 538-3838 中央町
30◆ワインバー グランドブルゴーニュ TEL 538-1476都町
31◆クボタ不動産建設㈱㈱ TEL 538-2225 都町
32◆二八堂ビル TEL 534-8176 中央町
33◆㈱豊後プロパン TEL 558-3210 花津留
34◆㈱OBSメディア21 TEL 552-8000 新栄町
35◆㈱大分白屋 TEL 534-8652 弁天
36◆Member’s 瞳 TEL 536-5152 都町
37◆かず歯科 TEL 532-6662 中央町
38◆プロモーション・キン和 TEL 569-3424
39◆㈱大宣 TEL 537-3495 東春日町
40◆朝日警備保障㈱ TEL 537-3386 末広町
41◆医療法人謙誠会 博愛病院 TEL 586-0888 野田
42◆㈲メリアエステート TEL 533-1977 王子中町
43◆㈱豊後木材市場 TEL 569-3200
44◆大分 ふない焼き TEL 080-5202-2737 中央町
45◆九州リース㈱ TEL 532-5502 寿町
46◆永田コンタクト TEL 537-0808 中央町
47◆萬吉 TEL 532-1194 末広町
48◆ヤマウチ調理食品㈱ TEL 545-3600 古国府
49◆和食臼杵ふぐどころちさと TEL 532-6707 中央町
50◆㈱大鐵 TEL 551-7522 日吉原
51◆Member’s 花籠(かごめ) TEL 533-8288 都町
52◆㈲グリーン広芸社 TEL 090-8668-2216 葛城
53◆㈱スピードネイル九州 TEL 574-6368 中央町
54◆㈱東洋環境分析センター大分営業所TEL 504-7313下郡南
55◆ボディーセラピー TEL 533-7600 中央町
56◆㈲二月一四日 TEL 547-0214 三芳
57◆詫磨環境㈱ TEL 536-2775 金池町
58◆㈱滝尾プラント TEL 569-2646 下郡
59◆医療法人 豊友会 シーサイドクリニックオオイタ TEL 513-1500 生石
60◆㈱中心地活性化倶楽部 TEL 538-1755 中央町
61◆㈲サムライズ TEL 567-0324 光吉
62◆焼肉なり田 TEL 533-8057 都町
63◆㈲英富産業 TEL 568-4843 下郡
64◆㈱エコ・テックエダマ TEL 532-1886 都町
65◆食彩 蓮 TEL 538-2450 中央町
66◆㈱葵綜合警備保障 TEL 547-2261 元町
67◆ブリックワーク㈱ TEL 576-9512 片島
68◆岩田学園 TEL 558-3007 岩田町
69◆㈲システム電建 TEL 551-5379 東浜
70◆㈱エクシング TEL 0120-141-224 西大道
71◆RED LINE TEL 534-9339 中央町
72◆堤塗装工業 TEL 551-7408 小池原
73◆肉食系レストラン10C TEL 090-4340-4615 中央町
74◆扶桑工業㈱ TEL 551-5736 高城本町
75◆㈲ケイジー彩工社 TEL 546-1421 永興
76◆アルファ住研 TEL 560-2137 上野町
77◆鹿島朝日高等学校通信制課程大分校 TEL 578-7742 中央町H282月入会

・・・・・・・・
法定組合便益会員(大分市若草通り街内・委嘱管理道路における便益費会社)
1□㈱ケイシン 538-2467 中央町
2□㈱内田薬局 532-3006 中央町
3□晃星堂書店         中央町 町内から移行

 

5者締結 【定款 規程(規則・規約)付 大分市若草通り町内会員一覧】

01・イオンリテール㈱大分フォーラスTEL 536-8111 中央町
02・大分県商店街振興支部 TEL 538-1756  中央町
03・㈱ブンゴヤ薬局 TEL 532-2985 中央町
04・㈲ブンゴヤエンタープライズ TEL 532-2985 中央町
05・有限会社 みたか不動産   TEL 538-1756 中央町
06・もとき商事株式会社 TEL 538-1755 中央町 
経営コンサルタント業
06’・中央町中央町金券センター 中央町もとき商事ビル1階組合事務所左側
07・㈲てったこ TEL 538-3838 中央町
08・㈱然 TEL 538-1308 中央町
09・モスバーガー大分駅前中央町店   TEL 538-7272 中央町
10・㈱ベスト電器大分店 TEL 534-1943 中央町
11・かみ風船中央町店 TEL 536-5858 中央町
12・㈱スピードネイル九州 TEL 574-6368 中央町
13・詫磨環境㈱ TEL 536-2775 金池町
14・深川内科クリニック TEL 532-8980 中央町
15・医療法人謙誠会 博愛病院TEL 586-0888 野田
16・かず歯科 TEL 532-6662 中央町
17・医療法人豊友会 シーサイドクリニックオオイタTEL513-1500 生石
18・大分トキハタクシー㈱ TEL 545-1555 古国府
18’・飲める公民館 完  高崎
19・㈲うめの補聴器センター  TEL 540-5408 中央町
20・㈲システム電建 TEL 551-5379 東浜
21・RED LINE  TEL 534-9339 中央町
22・二八堂ビル TEL 534-8176 中央町
23・医療法人田村医院 田村皮ふ科クリニック TEL 532-1684 中央町
24・オフィス佐々木 司会業
25・㈲大津
26・第一生命保険㈱大分支社 中央町
27・㈱東京商工リサーチ大分支店 中央町
28・SMBC日興証券㈱大分支店 中央町
29・㈱ケイシン 中央町
30・㈲ABCエンタープライズ 元町
31・Alouette(アルエット) 府内町
32・おふくろの店 ままや 中央町
33・㈱海進 TEL 532-7227TEL  中央町
34・お食事処 ゆうこ TEL 534-0227 中央町
35・オロチと柊 (2F) ㈱然の2階 中央町
36・佐川急便フォーラス荷受け事務所 TEL 536-8111 中央町
37・サントリービバレッジサービス㈱大分支店
38・コカ・コーラウエストベンディング㈱
39・西日本ツーリスト㈱ TEL 537-4891  中央町
40・あい寿司
41・週刊女性大分
42・グローリートレーデイング(株)中央町 TEL 576-9805
43・モリムラ寝装 中央町

※お知らせ:現在自己都合の為町内会が組合と5者締結した組合発行の商品券類は利用できないお店があります。。
当定款 規程(規則・規約)並びに締結先の法定組合の定款 規程(規則・規約)に基づき対応いたします。
※当加盟店のフォーラスのジュンク堂書店にてご利用できます。

町内会の中での加入店の皆様へご案内:ご不明な事がありましたら下記へご連絡ください。
上記店で、当汎用共通商品券が利用できる上記町内会店は、いつでも
(財務局指導)当汎用共通商品券利用契約をすれば加入店になれます。

・・・・・・・・・下記加盟店は当汎用共通商品券は利用できません・・・・・・・・

「大分市若草通り商店街協同組合側」 

◆日本ユニティ文化学院
(今年3月末に閉店のため円満退会の予定)
◆銀座パリス大分店 TEL 578-7646 中央町 3月末まで有効
(メディカル二宮ビル1階中央今年3月末に閉店連絡定款に基づき退去する旨連絡あり)
◆メディカル二宮ビル 中央町 TEL 542-0111
(自己都合 賦課金長期延滞理由:不業の為)


「大分市若草通り町内会側


■銀座パリス大分店  TEL 578-7646 中央町(メディカル二宮ビル1階)
中央町12月連絡有り平成28年3月で円満退店の予定
■メディカル二宮ビル本体 中央町 現在 組合費・町内会費共長期未納状態
(西暦2015年平成27年12月15日臨時総会確認)
■Bar anjir(メディカル二宮ビル3階)中央町 平成27年12月末、廃業による途中退店

大分市若草通り活性化連絡協議会の設立日平成14年12月6日 

大分市若草通り商店街と大分市若草通り町内会へ移行日平成15年7月1日

              

             大分市若草通り町内会 定款 規程(規則・規約)

第1章  総 則

(目 的)

第 1条   本会は、本会員の相互扶助の精神に基づき、本会員のための必要な共同事業を行い、本組合(大分市若草通り商店街協同組合)と一致協力して本町内会での安心で安全な町並み形成を図り、もって、この主旨に賛同する本町内会員の自主的な経済活動を促進しかつ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。

 (名 称)

第 2 条    本町内会の正式名称は、大分市若草通り町内会とする。

      ②但し通称名等を(福地蔵通り「縁起横町。」)と称する事ができる。

 ③本町内会の会員の名称は本町内会員又は本自治会員と称する。

 (地 区)

第 3 条    本会の地区は、大分市道中央3号線・大分市若草通りとその周辺並びに入会を認められたその主旨に賛同する大分市内の法人・個人とする。

 

(事務所の所在地)

第 4条    本会は、事務所を大分市中央町2丁目1番25号もとき商事ビル内に置く。

 (公告の方法)

第 5条    本会の公告等は、当会の掲示場又は安心・安全な街づくり締結する「大分市若草通り商店街協同組合のインターネット掲示板」に掲示し、更に、必要がある時は、大分市において発行する市報に掲載して行うものとする。

 

(規則・規 約)

第 6 条    この定款(規則・規約)で定めるもののほか、その他必要な事項は、規則・規約で定める。

      ②一般規則・規約等は役員会(幹事会)で決定する

 

 

第2章  事 業

(事 業)

第 7条    本会は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。

    (1)自治委員・関係行政団体や民間団体との連携による安心・安全街創り事業

    (2)本会発展のため行政やまちづくりコンサルタントによる研修会並びに見識を広げる為の事業並びにその為の合同視察事業

(3)本会員の取扱う商品ならびにサービスの共同チケット・商品券等の販売と、まちづくり企画。及び当会の共同宣伝に関する事業

(4)特色ある街創り構築の為の本会員の各事業に関する改善向上並びに本会事業に関する知識の普及を図るための指導及び情報の提供事業

(5)本会員の福利厚生に関する事業並びに町内会員間の親睦事業

(6)この会の発展に寄与する収益事業、慈善事業

(7)前各号の事業に付帯する事業

 (本会員の資格)

第 8条    本会の会員たる資格を有する者は、次の要件を備える第3条の居住者、営業者、地権者、又その周辺事業者並びに本町内会の趣旨に賛同する若草通り関係業種の法人・個人事業者・協力団体、親睦町内会。

建設業・運輸・通信業・卸売・小売業・飲食店・金融、保険業・不動産業及びサービス業・医療業・建設業を行う公序良俗に反しない善良な法人・個人事業者。

(2)その他当町内会で特に認める公序良俗に反しない善良な法人・個人事業者。

    2 次に該当する者は、本会員となることができない。

反社会的勢力

(①暴力団(暴力団員による不当な行為の防止に関する法律(平成3年法律第77号、その後の改正を含み、以下「暴力団員による不当な行為の防止に関する法律」という。)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)、

②暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止に関する法律第2条第6号に定める暴力団員をいう。以下同じ。)又は暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、

③暴力団準構成員、

④暴力団関係企業、

⑤総会屋等、

⑥社会運動等標榜ゴロ、

⑦特殊知能暴力集団等、

⑧その他①から⑦までに準じる者、

⑨①から⑧までのいずれかに該当する者(以下「暴力団員等」という。)が経営を支配していると認められる関係を有する者、

⑩暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有する者、

⑪自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有する者、

⑫暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有する者、及び

⑬役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有する者をいう。以下同じ。)

 (加 入)

第 9条   本会員たる資格を有する者並びに本会員になろうとする法人並びに個人はあらかじめ定められた書面を提出し本町内会の承諾を得て、本町内会に正式加入することができる。

①本会は、書面による加入の申し込みがあったときは、役員会(幹事会)においてその諾否を決する。

   ②役員会(幹事会)で承認された正会員は総会で報告し承認されるものとする。

③第11条並びに第13条に違反した者は、再加入できない。但し、除籍処分の者のみ過去の未納分を支払った場合は、役員会の承認を得て復帰させることができる。

 (脱会届)

第10条     本会員は、その年度の本会費全額を支払い、毎事業年度の末日90日前までに、その旨を記載した書面で町内会に通知した場合自由脱会できる。但し当初の町内会発足目的である2項の要項に当たらない者とする。

2)便益費等が発生する本若草通りにあって、町内会員が本町内会定款規程(規則・規約)を守らず退会せしめた者は便益会員として置き換えるものとしその場合本町内会から組合へ
切り替えて請求を相手側に通知するものとする。上記理由による便益会員になった町内会員に対してその便益費以外での本町内会関連請求は行わない。

3)定款違反等により除名処分となり告知された町内会員はこの若草通り町内会員としての便益利用権利は全て失う。

4)裁判の場合は管轄裁判所を大分地方裁判所とする。 

 

(除名・除籍)

第11条     本会は、次の各号一に該当する本会員を除名・除籍することができる。この  場合において本会はその総会の会日の10日前までに、その会員に対しその旨を通知し、かつ、総会において、弁明する機会を与えるものとする。

   ①偽申請者

   ②本会費等の常習未納者

   ③本会の事業を妨げ、又は妨げようとした者

   ④本会の目的を離反し不正な行為をした者

   ⑤犯罪その他信用を失う行為をした者

   ⑥本会の名誉や信用を著しく損なう行為をした者

   ⑦本会員への悪質な営業妨害や虚偽の流布を行った者

   ⑧自ら又は第三者を利用して反社会的行為
(①暴力的な要求行為、②法的な責任を越えた不当な要求行為、③取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為、④風説を流布し、偽計若しくは威力を用いて取引の相手の信用を毀損し、又はその業務を妨害する行為、及び⑤その他上記①から④までに準ずる行為をいう。以下同じ。)を行った者

⑨自ら又は第三者を利用して前3号、4号、5号、6号及び7号に準ずる行為  を行った者

⑩第8条第2項に該当することになった者

 (経費の賦課)

第12条     本会は、総会で定められた本会費のほか、その行う事業の費用に充て

    るため、全会員に便益費用経費を含めた運営費等を賦課することができる。

   2本会費以外の前項の事業徴収が発生する場合は、その徴収の時期及び方法

    その他必要な事項は、総会において定める。

   3限られた特定会員への本会協力金等は役員会において定める。

 (過怠金・懲罰金)

第13条 本会は第1条の目的を達成する為に、本会役員会が、第11条第2号から第10号までに掲げる行為のあったと判断したときは、第11条の手続きに基づき除名のほか過怠金を課することができる。

 (延滞金)

第14条 本会は、町内会員が、使用料、手数料、経費、過怠金その他本会に

     に対して債務を履行しないときは、履行の期限到来日の翌日から履行日まで

     年利10.875%の割合で延滞金を徴収することができる

 第3章   役員

 (役員の定数と役職名)

第15条 役員の定数並びに役職名は、正式本会員の中で監事を含めて下記を役員とし、自治役員会で議決数各1票とする。当該年度町内会構成から役員数は自治会長1名・副自治会長3名以内自治専務理事1名自治会計理事1名自治理事5名以内自治監事1名又は2名とし13名以内で役員会を構成する。       

自治会長 1名

副自治会長 3名以内

本自治専務理事 1名

本自治会幹事 5名以内

本自治会会計幹事 1名

本自治会監事 1名又は2名 (但し員外監事含む)

 

(2)会長は、定款8条に基づき必要に応じて員内外から学識経験者並びに有識者を参与・顧問・特別委員を委嘱できる。但し、本会員(自治会員)であっても参与・顧問・特別委員は、役員会の議決権は持たない。
1、会長は、必要に応じ幹事役等の呼称変更や兼職を委嘱することができる。

(4)会長は、自治役員会の承認を得て、職員を置くことができる。

 (役員の任期)

第16条 役員の任期は5年とする。但し再選を妨げない。

 (員外役員)

第17条 自治役員のうち本会員又は本会員たる法人の役員でない者については自治幹事2名以内、員外監事については1名とする。

 

(会長の選任方法)

第18条 会長は、本会員の中から選出して総会において承認される。欠員が生じた場合も同様とする。

 

(役員の忠実義務)

第19条  役員は、法令、定款及び規約の定め並びに総会の議決を遵守し、本会のため忠実にその職務を遂行しなければならない。特に会長他執行部は定款に定めた目的や設立趣旨を逸脱する事により会員の法人・個人に関らず不利益な行為が行われようとする場合はしかるべき合法的対処方法において処理しなければならない。

 

(役員の選挙)

第20条 会長は、総会において選挙または、出席者の同意に基づいて議長が、推薦する。

  • 選挙のばあいは、一般選挙規約に順応する。但し(選挙において行う場合は現会長の意向を事前に確認して行うものとする
  • 選挙票は、各事業年度初期に登録された本会員人簿にもとづいて規則・規約に従い 法人・個人各1票とする。
  • 総会で選任された会長が他の役員を指名推薦する。

 

(役員の報酬)

第21条  役員に対する報酬は、総会において定めるものとする。

①会長が認めた本会のための視察・講習会・懇親会についての出席は、旅費等支給できるものとする。

 

(委 嘱)

第22条 会長は本町内会で顧問、参事、参与、特別幹事、等を指名委嘱できる。 

第4章   賛助会員

(本会への賛助会員)

  • 本会は、本会の趣旨に賛同し本会の事業の円滑な実施に協

力しょうとする法人、個人を賛助会員とすることができる。

     ①賛助会員は、会長の承諾を以って役員会・総会で本会の事業の円滑な実施に協力のための発言ができる。但し役員会・総会決議が必要な場合においては、議決数は、持たない。

②賛助会員において本会の主旨にそぐわないと判断した場合は、役員会で賛助会員資格を取り消す事ができる。その場合、年度中であっても事前に支払われた賛助会費等は返さないものとする。

  • 助会員についてその他必要な事項は、規約で定める。

 第5章   会計

(事業年度)

  • 本会の単年事業年度は、平成24年度より、毎年10月1日に始まり、翌年9月末日に終わるものとする。

 

付則 1.当会の規則・規約等は若草通り商店街協同組合と整合化し連合化する。但し通りに面する受益者に対して組合でカバーできない場合は当会名において対応する。

県認可団体:大分市若草通り商店街協同組合で定められた街創り規則・規約を優先して遵守する。

2.新規則・規約等が定められた場合は若草通りが行政から委嘱された道路/歩道に面した関係者に対し会長名で通知する。

3.この定款に定めなき項目は、法令に基づく一般定款を準用する若しくは、新たな  定款を臨時又は通常総会で定める。

4.当会の運営協議等は行政・司法・関係団体等に提言・嘆願書を提出し指導・協力を求める事ができる。

5.定款を除く当会の運営規則・規約等は役員会(幹事会)で定める。

6.当町内会は発足主旨に基づき、必要と判断した場合は、若草通り商店街協同組合

や提携関係にある別会と相互協力できるものとする。

7.役員会(幹事会)での審議事項は、出席者の過半数を以って決する。但し同数

場合会長が決する。

8.当総会決定事項並びに当福地蔵通りの遵守事項は会長名で発する。

9. この定款を除く本会規則・規約町内会活動の根本規則」は本会議決数の半数

以上を以って変更できるものとする。

10.本定款並びに規則・規約は平成21年4月1日から発効し過去の規約より優先して適用されるものとする。

11.本定款並びに規則・規約は日本法に準拠し、同法に従って解釈する。

12.本定款並びに規則・規約に起因しまたは関連して紛争が生じたときは、大分地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

 

この定款「町内会活動の根本規則」は総会承認を以って、平成21年4月1日から新規実施する。

※一部定款並びに規則・規約変更は平成21年5月27日の第2回定例総会で承認された。

※定款第2条並びに第15条の一部定款と並びにそれに整合する為規則・規約を変更。平成26年11月15日通常総会において承認された。

※H21年4月1日H26年3月末(決算月9月へ変更の為H26年11月通常総会にて役員変更。

※次年度役員任期H26年10月1日~H31年9月末日【任期5年】

 

「本町内会=本自治会指針」平成21年5月27日

私たちの生活基盤である大分市 福地蔵通り「縁起横町。」近隣の多くの町々がこのまま無関心・無策であれば土地下落は勿論、集客も失いひいては大分中心部自体寂れる怖れがあることを認識し、未来永劫 この町が明るく楽しく豊かに栄え続けるよう今ある真の問題を直視し、禍根を残さぬよう先を見据え、行政や各協力団体と一致団結協力してあらゆる解決手段を施し、この価値ある町並みを発展させるよう努め、あらゆる地域から志を同じくする真商人達が集まれるよう組合・町内会ルールも周知徹底を図り当通りの早急な環境整備と定款の目的に沿って事業を行う。

 

町内会費規約規定

(町内会費)

第1条 大分市若草通り町内会の議決票並びに正式町内会員会費は下記のように定める。

       ・  法人・個人町内会員 月3,000円とし(自動振替・持参・集金)の方式で徴収する。

 

(賛助会費・協力金)

第2条 賛助会費・協力金は下記のように定める

①賛助会員は、員外会員とし法人・個人は下記の徴収要綱とする。

②協力金は、・法人1口10,000円(3口以上)・個人1口5,000円以上とし上限を定めない。

  • その他町内会員が上記項目としてあげる賛助金等は運営寄付金として処理する。
  • 組合費・町内会費を街内既得地権者は賃借人の支払いを以って又は居住しない事を理由に支払いを拒む場合は町内会側は第11条から14条で対応できる。その際協力法人組合と相談を行い法的に処理する事ができる。

 付則:この規約等に定めなき規約項目は、本定款並びに法令に沿って役員会で決定する。

 

 

大分市若草通り町内会役員表(平成2610月~平成319月末)

 

自治会長    榊原孝真 ㈲みたか不動産

 

副自治会長   馬場一彰 かず歯科
副自治会長   深川光司 深川内科クリニック

 

本自治理事専務 梅野朋洋 ㈲うめの補聴器センター

 

本自治幹事   

        吉崎 真 大分フォーラス

        井福正行 メガネのヨネザワ

        幸野真一 ベスト電器大分店(転勤の為、紅林 tukasa 純店長に交代)

        詫磨康雄 詫磨商事㈲

 

本自治会計幹事 清家哲也 てったこ

 

本自治監事   玉田貴子 豊和銀行

 

・・・・・

参照:大分市若草通り町内会 平成27年度臨時総会

議事録

                                                                                                                           平成27年5月19日(火)開催

◎17:00~ 通常総会

1.開会宣言

2.自治会長あいさつ (自治会長 榊原 孝真)

3.出席状況の報告 (専務理事 梅野 朋洋)

(総町内会員数 44社、本人出席 13社、委任出席 28社、計 41社)

4.議長選出 (予定者:自治会長 榊原 孝真)

5.議事録署名人選出 (予定者:専務理事 梅野 朋洋、監事 玉田 貴子)

議事録作成人   (事務局職員  河村 早紀)

6.議案審議 役員選出

7.閉会宣言

 

(※◎18:00~ 50分程度、大分市若草通り商店街協同組合平成27年度通常総会があります)

◎19:00~ 合同懇親会 来賓ご来場

審 議 事 項

【第一号議案】定款追加変更並びに一部役員選任の件

大分市若草通り町内会役員表(平成2610月~平成319月末)

 自治会長    榊原孝真 ㈲みたか不動産
副自治会長   馬場一彰 かず歯科
副自治会長   深川光司 深川内科クリニック(新)
自治理事専務 梅野朋洋 ㈲うめの補聴器センター(新)
本自治幹事
吉崎 真 大分フォーラス
井福正行 メガネのヨネザワ
幸野真一 ベスト電器大分店
詫磨康雄 詫磨商事㈲
本自治会計幹事 清家哲也 てったこ
本自治監事   玉田貴子 豊和銀行

 

 ・・・ 全員異議なく承認

【第二号議案】字句の一部修正委任の件 ・・・ 全員異議なく承認

【そ の 他】共通商品券発行業務開始に伴いルールの確認について

 ・平成27年度臨時総会町内会の定款規程並びに大分市若草通り町内会議事録確認 

 

組合費・町内会費集金並びに街づくり・維持の定款による規程(規則・規約)一元化表

福地蔵通り「縁起横町。」の組合・町内会に関係する請求コードは集金一元化の為下記の徴収項目をもって町内会費はⅡとして徴収する。※Ⅳは行政負担

Ⅰ 組合費       一律月5,000円平成24年4月より6,000円 間口負担制無し

Ⅱ 町内会費      一律月3,000円 変わりません。      間口負担制無し 

Ⅲ 街路地等便益利用費  組合は、組合に且町内会に加入せず営業を営む商業店舗は、階に関係なく5000円を街路地等利用便益費として徴収できることを承認し協力する。

Ⅳ 街路電灯料(常備灯)  行政負担その他電気代は組合負担とする                

Ⅴ 組合で設置する看板・防犯カメラ設置・運営費に対して町内会は協力する

 ・・・・・

主な ◎組合と □町内会 の運営管理費表

町内会員に対しては

□町内会費

組合員に対しては

◎組合基本維持運営費 (平成24年4月分より月々6,000円に改定)

○街路電気費  

○街路水道費 

○街路美化・清掃管理費 

○共同催事費 

○共同広告費 

○共同看板広告制作費並びに運用費

○公序良俗に反する個人・法人・団体からの威圧行為排除費

○防犯カメラ運用維持費

○許可等申請費

 特定会員広報広告費 広告看板費 受益者負担制度に基づく

 参考

1-5規程(規則・規約)

若草通り商店街協同組合と当大分市若草通り町内会との覚書確認事項としてしたためる。

大分市若草通り商店街規程(規則・規約)

平成23年12月15日定款変更大分市若草通り商店街協同組合臨時役員会・臨時総会再決議に基く。

・・・・・・

大分市若草通り商店街内並びに協同組合関係運用の規程(規則・規約)

・・・・・・

「総称」

1、当組合及び町内会は、街内並びにその周辺(自治会委嘱管理地区を含む)をシンボルロードの総称として福地蔵通り「縁起横町。」と称することができる。

「規則並びに規約」 

2、本組合の賦課金請求項目は(町内会費と自治会費)並びに協賛費・賛助会費を除いた下記の項目と定め◎組合基本維持運営費月々5,000円(平成24年4月分より月々6,000円に改定)

で賄えない下記項目が発生した場合は、この項目を理事会に図り総会の承認以って特別賦課金として徴収できる。

組合員に対しては

◎組合基本維持運営費 (平成24年4月分より月々6,000円に改定)規程4-5組合会費項目参照

総会承認による特別賦課金項目

○街路電気費  

○街路水道費 

○街路美化・清掃管理費 

○共同催事費 

○共同広告費 

○共同看板広告制作費並びに運用費

○公序良俗に反する個人・法人・団体からの威圧行為排除費

○防犯カメラ運用維持費

○許可等申請費

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※協賛会員に対しては

○協賛会費を徴収できる。 

※賛助会員に対しては

○賛助会費を徴収できる。

※非組合員の便益会員に対しては

○便益利用負担金を負担させることができる。

「大分市若草通り商店街に面して営業間口のある非組合員に対しては階に関係なく便益利用費(月額5,000円)を請求できる。」但し当組合が係る法定組合法に定める出資金は求めない。

※その他・大分市若草通り商店街安心・安全街づくり基本規則規約を守らない店舗で、便益費を払わない営業店に対して、当組合運営維持に著しい障害と判断した場合は当組合並びに当町内会は連携を以って定款に基づき諸手続を経て非組合員に対してあらゆる所策を講ずる事ができる。

※訴訟の場合は大分市若草通り商店街協同組合が商店街代表法人として対処する。管轄裁判所を大分地方裁判所とする。
・・・・・ 

注訳: 規程(規則・規約)について

第1章  総 則

大分市若草通り商店街協同組合運営とは
○便益利用負担請求とは、国が定めた中心地活性化法に基づき中心地の基盤整備等を当初大分市若草通り商店街協同組合「以下組合」組合員が共同で其の通り全体が特性を活かし利すると判断し電線地中化に伴う埋設された共同水道・商店街を灯す照明柱と各照明柱に設置された100ボルト電源・照明柱につけた防犯カメラと東西外側からの防犯カメラ柱・放送設備・その他諸々の街づくり原資・経費等を定款に基づき管理する組合を通じて相応に負担している。又 維持管理等も毎年発生してくる。そうなると其の通りにいて受益を受けながら組合加入しなければその支払いを逃れ其の通りの便益だけ享受してくる非組合の地権者や店舗が発生したりその組合設立主旨を無視し自分の都合の良い時に加入しその目的を達すれば離脱する自由脱退を脱法的に使い分けする地権者や投資家又宅地建物取引業者等々。そうなると管理する組合側は長年に渡り良識ある本組合員が支払い培ってきた特色ある街創り原資やこれから発生する維持費をもその本組合員に負担を強いる事となる。そういう不公平をできるだけ排して組合員同士や隣人同士の不平不満が出ないようにする為、そういう新しい組合組織の中で特別な利便を持つ道路に面した地主や店舗(当組合は階に関係なく)に対して組合側がその権利行使することを便益利用負担請求権として請求してきている。又、振興組合法では間口割などのその区間の利用間口に応じて徴収する方法もあるが協同組合法で組織する団体は電線地中化防犯カメラの設置・スモークトイレの設置・毎年の賑わい創出の祭り・月々の共同宣伝等の出費には、「出資金1口10,000円但し全体出資金の25%以内、組合費月々6000円・町内会費月々3,000円」とし(組合・町内会に加入しない便益受益者に対し便益利用費月々5,000円のみ)で現在対応している。

付記、(なぜ?任意組織の町内会に定款があるのか)
安心・安全を謳った商店街として公益性や公共性の優先を考えなければ、裁判でいくらやっても問題解決でなく、そもそも商業界においても理性と徳のない社会秩序の乱れが主因だと思われる。一般のマンション管理組合等は、共益費請求ともいわれるがゴミ屋敷と似た個室とその周辺ににゴミを集め異臭をまき散らかす迷惑な人物等が現れて来ているのが今のご時世。個人の自由をはき違えた問題が街にも影を落としている。何故?任意組織である大分市若草通り町内会に定款や規程(規則・規約)があるのか!
我々各商店街も定款を守らない人達がどれほどいることか・・それで本当に街が良くなるのか!?一度頭冷やして考えるのも一考だと思う。
・・・・・平成28年1月吉日 

2-5規程(規則・規約)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大分市若草通り商店街安心・安全街づくり基本規則規約

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1)各店の店先における個店の看板類等の設置は、組合員・非組合員であっても可動であって鉄製・石製ついては歩行者の安全に配慮して全て禁止とする。但し本組合が設置させた歩行者保護(天然石のモニュメント車止め)並びに本組合が定めた歩行者安全保護の装着等を行い本組合が発行する安全シールを貼るものは除く。何度も注意勧告し指導に従わない違法広告物等は強制撤去できる。

 

2)通りの間口において軒下などに花壇などを置く場合は敷地内に置くよう指導する。

 

3)大分市若草通りと行政や他の関係団体との協定は条例ならびに法令に基づくものとする。

 

4)当若草通りはタバコ等ポイ捨て禁止条例、大分県迷惑防止条例(通称)による客引きの禁止・客の誘引の禁止・スカウトの禁止・客待ちの禁止他、本若草通りの時間通行規制、放置自転車規制・違法ビラ貼付又は配りの項目等が禁止又は規制対象エリアとなっているため本組合が大分市から登録された(大分市ポイ捨て等防止パトロール団体)登録員と大分市若草通り町内会が大分市から登録された(大分市路上違反広告物除却推進員証)を所持する登録員が注意・指導・禁止・撤去することができる。

 

5)当通りに駐車場がある営業店は安心安全の歩行空間確保の為歩道にはみ出さないように指導できる。

 

6)当通りにおいて当組合が現認した場合は、美化並びに景観維持の観点から生ゴミ等異臭を放つ廃棄物等は組合で定められた場所並びにゴミ収集車に指定された時間帯に撤去させることができる。其の時に係る経費は其の店舗に(非組合員であっても)負担させることができる。

 

7)この若草通りの通行規則並び規約に違反した交通車両の配達運送トラック等事業者並びに申請した関係人又は便益受益人に対し理事会の決議を以ってペナルテイーを課す事ができる

 

8)当組合の通りに施工した財産等 正面玄関東側に設置した(防犯灯を含む大型モニュメント)、(安心・安全カメラ並びに放送設備)、(当組合が設備した水道管・電気配線・特殊モニュメント車止め等)が、故意、過失を問わず事故による破損、損壊された場合は、当組合の特性を高め賑わい創出できるよう市との車止め(天然石特殊モニュメント等に関する)23年4月に管理協定締結に基づき当組合が定めた方法を用いて優先して事件処理を行うものとする。

9)違法駐車など商店街内の迷惑行為は、道交法に照らし合わせて随時対処する。

 

10)廃業・休業等による組合脱会は定款の定める処理とする。それ以外の理由による脱会は便益会員に置き換えて処理する。

 

11)安心安全カメラ運用規定は別に定める。

3-5規程(規則・規約)

3、(経費の徴収の明細・入会の是非関係・便益負担・その他関係者の対応処理規則・規約) 

①本組合員に対して(共同宣伝費・共同施設埋設料並びに水道料・共同電気料・この通りの街創りの美観維持費並びに安心・安全維持費)等を徴収できる。

②本組会費以外の前項の事業徴収が発生する場合は、その徴収の時期及び方法等

その他必要な事項は、役員会の承認を経て総会において定める。

③便益会員並びに賛助会員・協力会員の入会の是非は役員会おいて審議し、正会員としての入会の是非は大分市若草通り町内会へ事前に相談し了解された者を役員会で審議するものとする。

④(旧賃貸人)並びに(新賃貸人)は、この通りが、「大分市中心市街地商都復活支援事業」に組み入れられた商業地域であることを鑑み本組合が管理する通りに面して間口のある建物で売買・移転・廃業・倒産等で撤退する地主(賃貸人又は営業人)あるいはその管財人は、(新賃貸人)への組合費又は便益利用費用負担請求先を本組合にすみやかに通知しなければならない。

 ⑤当組合が管理する若草通りに面し間口のある物件に対し売買・仲介する不動産仲介業者はあらかじめ本組合ならびに大分市若草通り町内会が定めた通りの本組合費且つ町内会費又は便益費等が発生する事を重要事項に記載し契約前に事前に説明しなければならない。

⑥本組合は、総会で定められた本組合員のほかその行う事業の費用に充てるため、通りに関する便益受益者(通り受益関係人)に対して共益費を含めた便益利用費等を徴収することができる。

⑦当組合が管理する若草通りに面し間口のある便益受益者(通り関係人)の各店舗で大分市若草通り商店街協同組合又は大分市若草通り町内会どちらにも加入する意思のない場合は大分市若草通り町内会と協議して予め定められた景観・美観維持を伴った共益費を含む便益利用費を本組合が管理する若草通りに間口のある便益受益人となる店舗の階に関係なく各店舗に請求できる。

⑧本組合が管理する通りに面して間口のある便益受益者の各店舗で移転・廃業・倒産等で退店した賃借人または便益費の支払いを拒否する賃借人がいる場合は本組合費並びに便益利用費はその地主(賃貸人)に別途その店舗の便益費用並びに経費負担金を請求できる。

⑨暴力団事務所並びに組関係者と判明した場合は如何なる場合も行政も含め関係団体と協力して対処し即時その営業の中止且つその物件からの退去請求並びに明け渡し請求ができる。

⑩特殊モニュメント等損壊事件被疑者の代行屋又は代理人と名乗る不動産会社・損害保険会社等代行屋、代理人となる相手方の委任状又はそれに替わる証明書を組合に対し事前に提出しなければならない。又被害者早期救済の立場から当組合は相手方に早急な対応を取らせ、それに係った経費も迷惑料として請求できる。

⑪①項から⑩項において発生した訴訟要因における損害賠償責任は係った仲介業者・損害保険会社等にも責任遡及できるものとする。

⑫裁判の場合は管轄裁判所を大分地方裁判所とする。        

 4-5規程(規則・規約)

入会手続方法・入会事務手数料・組合会費・組合出資金の上限・理事会幹事規程

・その他事務手数料額・便益利用費等協同組合関係の規程(規則・規約) 

 

(総会承認) 1、理事会で入会が認められた組合員は総会で了承されなければならない。

2、 除名・除籍した組合員は公告・告知できる。 

 

(入会事務手数料)規約で定めた入会時における事務手数料は1件につき5,000円とする。

 

(組合会費)規約で定めた月々の組合維持基本賦課金 月5,000円とする。

※(平成24年4月分より月々6,000円と改定)

※定款第43条に基く緊急議案動議組合員出席者の3分の2以上の同意をもって承認

 

(組合出資金) 1口10,000円以上但し本組合出資総額の25%を超えない範囲とする。

 

(理事会幹事)

特別委員 特別委員長 相談役 常任相談役 特別相談役 名誉相談役 参与 参事 名誉会長

       本組合に、上記名の呼称による理事会幹事を置くことができる。但し理事会での決議権は持たない。

2     上記名の呼称による理事会幹事は、本組合員他、員外の学識経験のある者・組合貢献度があり評価が高い者のうちから、理事会の議決を経て執行部の承認を以って理事長が委嘱する。

(事務手数料等)

当組合並びに町内会に関する大分市中央3号線時間規制通行禁止道路通行許可申請書類と添付する同意書の発行業務を行い、※使用料及び手数料は、規約で定める。関係書類一件につき本会員5000円・非会員8.000円とする。

 

(便益利用費) この通りに間口があり階に関係なく営業する非組合員店舗の便益利用費は月5,000円とする。但し便益利用費支払人(法人・個人)は便益会員と称される。

但し便益会員は組合会員と別して総会決議権を持たない。

 

賛助会員・協賛会員規約

当商店街内に店舗が無い賛助会費・協賛会費は下記のように定める

 

①賛助会員 協賛会員は、員外会員とし法人・個人は下記の徴収要綱とする。

 

※②・法人1口10,000円(2口以上)とし上限を定めない。  毎年初年度一括支払い

 

※③・個人1口10,000円(1口以上)とし上限を定めない。  毎年初年度一括支払い

 

 5-5規程(規則・規約)

定款第51条に係わる{委員会規約} 

当組合は必要に応じて理事の中から委員長を選出し組合員の中から委員を選出して

委員会を作る事ができる。

委員会で決められた審議決定事項は理事会で図り総会で承認する。但し緊急性がある場合は理事会承認を得て委員会の名を決めた上実行した事後、総会承認を取ることができる。

各委員会の名称

○総務委員会

「定款・規程(規則・規約)」の作成並びに入会資格審査等の実施運用

 

○広報委員会

「会員拡大・組合広報・広告その他」の作成等の実施運用

 

○催事・街商・交通 管理委員会

「街内の催事や交通規約」の発案・作成並びに管理運用

 

○若草通り基盤整備委員会

「縁起の良い街創りの基盤整備」の管理運用

 

○公募愛称「縁起横町。」景観・美観維持委員会

「共同清掃並びに違法ビラ・規則・規約違反看板類撤去」の実施

 

○防犯カメラ(安心・安全カメラ)運用委員会

「中小企業庁並びに大分市に提出した運用要綱にもとづいて交通違反・その他犯罪抑止を目的とした街頭放送での注意勧告と大分市・警察への協力並びに犯罪発生時、録画に基づいた刑・民事告発・告訴」等の管理運用

 

◎トラブル訴訟担当委員会 当組合にとって不利益となる事案等を訴訟対応する特別委員会

「上記の委員会等から挙げられた項目について相手方の虚偽申告等による当組合にとって不利益を被るものは執行部で検討し同組合名を以って刑事・民事訴訟する事ができる。且つ行政や相手方の関係団体に通知し公告・告知できるものとする。

 ※1規程(規則・規約)迷惑料等の請求基準 決議事項:特殊モニュメント等損壊を現認し確認した時点から被疑者が判明した時点で(現在に至る景観・美観形成維持/縁起の良い街の復元料)予め行政と取り決めた見積もりと特殊ステッカー料・事務費等定めた額を請求し和解出来るものとする。裁判による場合は、解決日までその破損による第3者被害を防ぐため業者等に委託することが出来る。その破損周辺の警備料・防犯カメラによる被疑者特定の為の業者捜査費等、業者から実費請求された額を最低とし別途被疑者に請求する。又交通違反等における被疑者による関係行政に対し不申告の場合は別途一日単位で別途迷惑料を請求できる。係る弁護士費用は別途請求する。 その他議案事項総会承認改正①2015年臨時総会にて

上記の※1規程(規則・規約)迷惑料等の請求基準決議事項の対応は理事長名で執行部が之にあたる。

※2この規則並びに規約等に定めなき項目は、本定款並びに法令に沿って理事会を経て総会で決定する。

 

付記1覚え

※組合・町内会合同協議承認事項 平成21年5月27日総会にて承認

※中央会指導に基づき平成23年12月15日臨時総会にて再提出し再承認

各店の歩行道路における個店の看板類は、鉄製については歩行者の安全に配慮して禁止とする。但し町内会が指導するプラ保護など歩行者保護の装着を行ったものは組合管理章を貼付するよう組合側に要請できる。

※大分市若草通り町内会の街づくり協定は大分市条例に基づく。

※福地蔵通り 縁起横町。はポイ捨て禁止とキャッチ防止条例適用地区。

※正午より翌朝5時30分まで車両通行禁止等規制対象地区。(暴走族対策面も付加)

※組合・町内会並びに交通ルールを守れる会員は、当商店街から200メートル以内に月極駐車場がある場合は当通りの正午からの通行許可を警察へ申請する。正午からは歩行者優先道路となる。バイクの乗り入れは道交法に照らし処理する。

「ブンゴヤ薬局本店からてったこまでの一方通行道路且つその周辺(自治会委嘱管理地区を含む)」が規程(規則・規約)の上記適用指定道路とする。

付記2 覚え

平成22519日(水曜日)町内会総会承認資料

平成23年5月25日町内会総会資料

平成23年5月25日当組合通常総会で3分の2以上の出席により定款変更決議

付記3 覚え

平成231215日(木)若草通り組合臨時総会並びに町内会連絡会確認報告との

共通承認 規程(規約規則)の整合性に基づく。

規程(規則・規約) 作成確認人 大分商工会議所 常議員・サービス部会部会長 榊原孝真