商業人の品格・品性:こういう時こそ その人の人間性がみえてくる

「定款の定めによる」現在都町連合会認知団体の定款は五者締結に基づいて整合性を持たせ運営しているが管理園内の地権者が何の理由もなく町内会員=連合会員を外れた場合は便益会員となる仕組みを定款により定めた

大分県条例の趣旨に沿って当若草通り商店街内と同じくしている。
連合会の名で国の補助金を用い六四基の防犯カメラ等設置され其の実績を国への五年間の報告する事が義務化されている手続きがどんなに大変だったか連帯保証している地権者が五名いる。・・・その街づくりの犯罪抑止力が出来、結果大分市都町連合会名で 大分県警察本部長から感謝状
「一〇〇番」を彼を含んでもらっている

しかし通常何もないのに法人会員から便益会員となるのも問題なのに
厳しい入会制限を約定していた地権者が最低便益費も払わないと云うらしい。定款を無視した組合費・便益費逃れの途中退会や未納問題である。

そこから動けない地権者はこれは絶対やってはいけない事だ・・・

自分だけ払わなければ良いと考えれば自分は基よりその周りの人まで迷惑をかける。しかも真の活性化した街づくりは達成しない。
しかも法定除名が、どんなものか分かっていない。
簡単に考えている地権者。自分の前だけ舗装できれば後は用がないという理屈は通用しない事を時間をかけルールに沿って分からせる事が一番肝要である。
執行役員には対抗できる術を知っているだろう・・しかしそういう店舗やその店との利害関係者も繁盛しないだろう。
何故か、目先だけを追い求めその地域に根差して商売する事を忘れ
最低の義務負担の放棄がどれだけ無限の権利を得ないかを理解してないのだろう。
解決方法は、もう一度総会で元に戻して法人会員の時から遡る事だ。

自治会費も含んだ会費を払わない・・・笑われるだろう
あれだけの役をやった彼の最初の意気込みはどこに行った?
詭弁だったのか!・・・・・
周りの人達も目がなかったのか?
良い意味で早く気づいてくれればよいが・・・